<< おみやげ | main | すごいのでもう1枚 >>

スポンサーサイト

  • 2011.10.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


描き方


 先週、9日(木)に歯医者さんの帰り道に見つけた「いちごミルクみたいな、むくげのお花」の写真をご紹介しましたが、そうだ!去年の夏、ブログで描き方をアップしたんだ!と思い出し、 チョ―簡単できれいに見えるので、あらためましてもう一度ごらん下さいませ。


 お水を含ませた筆をまっすぐ垂直に立てて、先をゆっくり回しながら(筆先に)絵の具をしっかり入れていきます。そうすると先は濃い赤色の絵の具が、根元にはお水が・・という状態になります。 筆先はそーっとそのままにしておいて、根元だけ!筆をうーんと寝かせてタオルにそっと触れさせて余分なお水を取り除きます。
無造作に筆洗などで先のお水を切らないように!がいつも言っている大事なポイントです。


 筆先は絵の具を入れた時のまま触っていないので、紙(画仙紙などの和紙)に筆を寝かせて置くだけで、きれいなぼかしができあがります。 この「ぼかし」の技法で、いちごやスイカなども立体的で美味しそうに描けると、前にご説明しましたが、冬バージョンや年賀状バージョンも考えてみようと思っています。 椿やサザンカ、梅の花、アッ!うさぎの耳とか!!!


スポンサーサイト

  • 2011.10.04 Tuesday
  • -
  • 18:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM